ヨーロッパの中でも安い!ベルリンの1ヶ月の生活費を公開します!

海外でワーホリやフリーランスをやる場合、現地の生活費がどのくらいなのか把握しておかないと、

どのくらい資金を用意しなければいけないかわかりません。

わたしもドイツに来ることを決めたときは、手持ちの資金がいくらでどのくらいなら無職でいられるかをだいたい見積もって来ました。

ということで、ワーホリやフリーランスでベルリンを検討している方向けに、私のベルリンでの1ヶ月の生活費を公開したいと思います。

 

ベルリンでの1ヶ月の生活費

 

結論ですが、ざっくり10万円です!

 

▼内訳

家賃(光熱費込) 500ユーロ

食費       150ユーロ

雑費       100ユーロ

交通費      60ユーロ

合計       810ユーロ

 

1ユーロ=130円として、日本円にすると105,300円で約10万円です。

数字はざっくりの数字にしていますが、毎月だいたいこのくらいです。

ちなみにそれぞれの項目の具体的なイメージですが、

 

家賃 水道光熱費込み(500ユーロ)

間取りは2DKで、家具家電やバスタブも付いています。

ただこれはかなりのラッキー物件で、通常は2DKだと700~1,000ユーロくらいです。

日本円にすると9万〜13万円なので安くはないです。(500ユーロで住めたのはただただ運とタイミングが良かったです・・)

ベルリンは年々不動産価格が上昇していて、日本人に限らず、ドイツ人や他の移住民もルームシェアに住む方が多いです。2~4名などでシェアして、300~400ユーロ/月くらい。

一人暮らしだと最低でも500ユーロくらい。

食費(150ユーロ)

私のばあいカフェに行って仕事をすることが多いので、ドリンクやランチ代がかさんでいて150ユーロです。

自宅で仕事できる方の場合はこの費用はなくなります。

ドイツは食材がとても安く、自炊だけで生活できると場合によっては月100ユーロなど食費はかなり抑えられます。

雑費(100ユーロ)

その他生活に必要なものたちを合わせると100ユーロくらいです。

特に女性ははじめは化粧品にお金かかるかもしれません。なぜかというと、ドイツの製品で肌に合う合わないがわからないので、自分に合うのが見つかるまで買って試してみるからです。

もちろん人によりますが私はそうで、化粧水や化粧おとしは半年間で7,8種類ためし、やっとしっくりくるのものに落ち着いてきました。

こちらは女性特有のハードルで苦労したのでまた記事書きたいと思います。

交通費(60ユーロ)

私の場合は、1ヶ月の電車定期券を買っているのでかかりますが、自転車もっていたり交通機関の利用が少ない方はもっと安くなります。

▼交通費についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

【ベルリン】電車やバスなどの乗り方 |切符の買い方や注意点も

 

ということでベルリンは、月10万円あれば何ひとつ不自由ない生活ができます。

家賃や食費、交通費はさらに抑えられると思っており、その場合月7~8万円くらいで生活できちゃいます。

 

総じてベルリンは比較的住みやすい街だと思っていて

ワーホリ制度があり、英語も通じやすく、ヨーロッパ各国へのアクセスも良く、WiFi無料のカフェもたくさんあります。

 

生活費を中心に考えると東南アジアとかが良さそうですが

ヨーロッパ好きな方やヨーロッパ旅行したい方、英語通じる国がいいなどがある場合は

ドイツのベルリンおすすめです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です