ドイツ・ベルリンに住んで辛い、大変だと思うこと【完全に主観です】

ドイツのベルリンにきて、もうすぐ一年!

ベルリンの大好きなところもありますが、辛かったり大変なことも正直たくさんありました。

完全に主観的な内容になりますがw、ベルリンに来ることを考えてる方の参考になれば幸いです!

 

1. 冬が暗すぎる

これが一番つらかったです…

ベルリンの冬は、朝9時ころにようやく明るくなりはじめ、夕方16時にはすでに暗くなります

そして曇りが多いので、もうほんと、真っ暗なんです…( ;  ; )

ドイツ人でさえも、冬は鬱にならないようにたくさんキャンドルを焚いて明るくして

仲間とお酒を楽しむように気をつけてる、という人もいました。

慣れれば大したことないのですが、わたしはもともと外で太陽浴びているのが大好きなので

真っ暗で寒い季節を約4ヶ月すごすのは、実際かなり気分が暗くなりました。

これからドイツにワーホリや就労でくることを考えている方は、できるだけ4月〜9月頃に来ることをおすすめします!

はじめは不安もあるし孤独だったりするので、明るい時期がおすすめです。

 

 

2. 新鮮なお魚が食べれない

ベルリンにはお魚は売っていますが、お刺身で食べれないし味が淡白であまり美味しくないです。

もしかしたらおいしいお魚に出会っていないのかもしれませんが、、

そもそもお肉に比べると、お魚は高く、それでいて美味しくないのでほとんど買いませんでした。

日本食レストランだとお刺身をおいていますが、高級なところ以外は、やはりあまりおいしいくないです。

お刺身やお寿司大好きな身としては、かなり辛かったです。

 

3. 郵送物が不安

これはドイツではよくある話ですが、郵送物がしっかり受け取れないことがあります

1回届けて不在だった場合、郵便局で保管していたり、またはおなじアパートの住民に預けていたりしているようで、なかなか不便です。

ちなみにわたしの場合は、日本の友人に誕生日プレゼントを送ったのですが届きませんでした

日本では届かないことはかなり稀だと思うので、おそらく日本に着く前に紛失したのかもしれません。

それ以来、こわくてオンラインショップでもポストに入るサイズのものだけを買うようにしたりしています。笑

 

4. お水が硬水

これは、特に女性だと大変かもしれないのですが、お水が硬水なのでお肌がガサガサになりやいです。

なので、できるだけお水を使わないようにクレンジングは拭き取りタイプのものを選んだり

乾燥させないようにするなど、日本にいるとき以上にいろいろと気を遣う必要がありました。。

ドイツで化粧落としならBIODERMAとhejがコスパ良し【7つ試した私がおすすめ】

 

5. 海がない

これはあてはまる人がかなり限られるかと思います!w

ベルリンに来てはじめて、海がないことがつらい…と気づき、わたしは海が好きだったのか!と

自分を知ることができました。

それ以来、シュプレー川などの水辺にいくことで、少し落ちつきを取り戻しました。笑

海好きな方は、できるだけ川や湖に癒されにいくことをおすすめします(`・ω・´)

 

 

以上、ドイツ・ベルリンでつらいことや大変なことでした!

それ以外はけっこう好きなところばかりです!!

今度はドイツ・ベルリンのいいところを書きたいと思います: )